Digitalian is eating breakfast 2

提供: 小室哲哉Wiki
移動: 案内検索

「Digitalian is eating breakfast 2」は,2011年5月4日発売の,小室哲哉の2枚目のオリジナルソロアルバムで,前作「Digitalian is eating breakfast」から22年ぶりとなる。iTunes Music Storeを通して全世界で同時発売された。

目次

商品内容

http://ecx.images-amazon.com/images/I/414sszSyzLL.SL320.jpg

  • 形態:CD
  • 価格:3,059円(Tax in)
  • 品番:AVCD-38259
  • 発売日:2011年5月4日

インストゥルメンタル版

iTunes Music Storeで2011年5月末にリリースされた。

参加アーティスト

  • KREVA
  • Zeebra
  • 坂本美雨
  • 浦田直也(AAA)
  • 日高光啓(AAA)
  • 宇野実彩子(AAA)
  • 吉田ワタル(Purple Days)
  • Nipsey Hussle
  • Krayzie Bone
  • a-nation's party(参加アーティスト:TRF、Every Little Thing、hitomi、浜崎あゆみ、Do As Infinity、倖田來未、大塚愛、鈴木亜美、AAA、GIRL NEXT DOOR、ICONIQ)

曲目

  1. Vienna feat. Miu Sakamoto & KREVA
  2. Go Crazy feat.Krayzie Bone & K-C-O
  3. 奇跡 feat. Zeebra
  4. ほほえみのちから(初回限定)
  5. Every feat. Mitsuhiro Hidaka (AAA) a.k.a. SKY-HI & K-C-O
  6. Years Later feat. VERBAL (m-flo)
  7. Free My Mind feat. Mitsuhiro Hidaka (AAA) a.k.a. SKY-HI
  8. L.W.R feat. Misako Uno, Naoya Urata (AAA) & Wataru Yoshida (Purple Days)
  9. Reality feat. Nipsey Hussle
  10. Extreme
  11. Carry On
  12. Ayrton feat. Naoya Urata (AAA)
  13. THX A LOT (Album Version) / a-nation's party


アルバムに関するTwitter上での小室哲哉の発言

「3時にスタジオから帰宅。ソロアルバムの追い込みで、まだまだトータルのイメージは模索中です。収録曲20曲候補からパッケージに入れる曲を絞り、あとはITMSで全曲リリースしたいと思います。」

「後付けですけど、10年先を予想して、夢見て作ったアルバムだったのですが、今回はリアルタイムの思い出作りをしてもらいたい作品になる予定です」

「今回のコンセプトは、ツールは全てデジタルだとしても最後、耳や身体に届くときは空気、光など地球の恩恵を受けているんだなあと感じれる様にしたいなあと思っています。」

「今回のソロALBUMのタイトルはKREVAとの会話から生まれたのでした」

「ちなみにソロはiTunesで中学生からの夢、全世界同日発売です。」

「まだ自分でもどれが発表でどれが未発表曲になるか決めてないけどねf^_^;)」

「ソロは音色にこだわりあり。」

「今はポストプロダクトもかなりの比重を占めますよ。」

「ワオ(^_-)ソロアルバムもう聴いたの?そんな音だよ。RT 近年米国ではヒップホップの音楽家と、欧州ではトランスを意識したDJ・音楽家と共演していますが、米国ではブラック・アイド・ピーズの様なエレクトロ・ミクスチャー・グループと共演した方が相性がいいのでは?」

「LAteam said TK is extremely talented and pleasure to mix his songs! His musicianship, song writing, production skills are excellent!THX」

「トラックを褒めてもらうほど嬉しいことはないですね。特にハリウッドのミキサー達に。あとゴールまで100メートルぐらいかな。」

「同日世界配信だよ。たぶん50ヶ国以上に(*^_^*)」

クレジット

Produced by Tetsuya_Komuro

Recorded by Toshihide Iwasa, Tsutomu Toyama

Recording Assisted by Masahiko Komori, Hiroaki Suzuki (Bunkamura Studios), Yuji Tanaka (prime sound studio form), Drew Adams

Recorded at avex azabu 501studio, Bunkamura Studio, prime sound studio form

Guitars: Chouji Nagasaki (M04), Steve Salas (M08), Kazuhiro Matsuo (M13)

Synthesizer Programming: Toshihide Iwasa

Sound Direction: Cozy Kubo

Mixed by Dave Pensado (M01,02,03,05,06,08,09), Dave Way (M04,M07,M11,M13), Jan Fairchild (M10,M12)

Mixed at Vivrant Street, Waystation, The Groove Machine, Larrabee Studios (Los Angels, CA)

Cordinated by Riki Melwani (oasis)

Mastered by Yasuji Maeda (Bernie Grundman MASTERING)